カー(車 自動車)用品通販1号店 FACTORY HAND

カー(車 自動車)用品通販1号店

ホーム


バッテリーチェッカー(乾電池残量チェッカー) これさえあれば「この電池まだ使えるのかなぁ??」なんて考えなくても大丈夫! 乾電池はもちろん! ボタン電池や9Vの電池残量も測れます! 一家に1つ置いておくと便利です。 目安 ≪レッド:パワーが無くなりそうです。≫ もう使えません。 ≪イエロー:パワー不足です。≫ そろそろ新しい電池を用意しておいたほうが良いでしょう。 ≪グリーン:パワーは十分です。≫ まだまだ使えます。 商品説明 サイズ商品(約):110x60x25mm 重量商品(約):50g 原産地中国 その他[電源]単1?5形乾電池・9V形乾電池・1.5Vボタン電池


STANCE(スタンス) シートカバー【スタンダード】 エスティマ ACR(MCR) (車種)エスティマ (型式)ACR(MCR)30W.40W (コード)2545 (年式)H12.01?H17.12 (グレード) アエラス / アエラス-S エディション / アエラス-G エディション / X / X-リミテッド/ G (定員)8 商品説明 【商品名】STANCEシートカバー 【メーカー】STANCE(スタンス) 【使用生地】PVCレザー、スポンジ厚: 最大10MMを使用 【特徴】:ダブルステッチシートカバーの強度を上げるダブルステッチを採用。インテリアの高級感も演出します。 安心な難燃素材。取りつけに便利なスパチュラ(ヘラ)が付属しているので、より簡単に取付が可能です。 シートカバーを固定する紐にゆるみ防止のストッパーを付属。シートカバーのゆるみを防ぎ、安全にご使用いただけます。 パンチングデザインを採用し快適な座り心地。 純正ラインにジャストフィットするベーシックなデザイン。 【備考】H13/4? チャイルドシート固定バー使用不可 【適合不可】J 【注意事項】 ○商品写真はイメージ画像の為、実際のデザインと多少異なる場合がございますのでご了承下さい。 ○本製品は完全車種別設定の為、年式、型式、グレードの確認が必要になります。発注時に間違がないようにご注意ください。  ご購入の際には【車種別適合表】をご確認ください。>>車種適合表をダウンロードする 本製品の取り付けによる車輌や車載品の故障、事故などの付随的損害、使用上の誤り、 及び過度の使用など、お客様の不注意により、発生した不具合は、責任を負えませんので、あらかじめご了承下さい。


ヘッドライトオートレベリングアジャスター ターンバックル式 日産 エクストレイル NT31 ローダウン時の光軸のズレを補正!ヘッドライトがしっかりと前方を照らしてくれるので夜のドライブも安全・快適に♪「ヘッドライトオートレベリングシステム」とは、乗員の増減や走行時の加減速による車両の前後傾斜の変化に応じて自動でヘッドライトを適切な照射範囲に補正・調整する装置のことです。しかし、車高を感知するセンサーがリア側のみに装着されている車両は、ローダウンするとリアのみが沈み込んだと判断し、ヘッドライトが自動的に下を向いてしまいます。したがって、ローダウンした場合はオートレベリングシステムの初期設定、もしくは光軸の補正が必要になります。※2006年以降のHID等がメーカー出荷状態で装着されている車両には基本的に装着されています。 ◆仕様◆調整幅:最短70mm?最長92mmターンバックル式センターロッド ◆取付及びご使用に際してのご注意◆機構を完全に理解しないままヘッドライトオートレベリングアジャスターによる調整を行うと、サスペンションの可動範囲がセンサー可動範囲より大きくなりセンサーが破損する場合があるので、必ずプロショップや整備工場などにて取付作業を行って下さい。最長に伸ばした場合でもネジ部をヘッドユニットに4mm以上組み込んで下さい。取扱説明書等は付属しておりません。本商品のご使用時に発生したいかなる事故、損傷等におきまして弊社は一切の責任を負いかねます。 商品説明ローダウン時の光軸のズレを補正!ヘッドライトがしっかりと前方を照らしてくれるので夜のドライブも安全・快適に♪「ヘッドライトオートレベリングシステム」とは、乗員の増減や走行時の加減速による車両の前後傾斜の変化に応じて自動でヘッドライトを適切な照射範囲に補正・調整する装置のことです。しかし、車高を感知するセンサーがリヤ側のみに装着されている車両は、ローダウンするとリヤのみが沈み込んだと判断し、ヘッドライトが自動的に下を向いてしまいます。したがって、ローダウンした場合はオートレベリングシステムの初期設定、もしくは光軸の補正が必要になります。※2006年以降のHID等がメーカー出荷状態で装着されている車両には基本的に装着されています。仕様調整幅:最短70mm?最長92mmターンバックル式センターロッド取付及びご使用に際してのご注意機構を完全に理解しないままヘッドライトオートレベリングアジャスターによる調整を行うと、サスペンションの可動範囲がセンサー可動範囲より大きくなりセンサーが破損する場合があるので、必ずプロショップや整備工場などにて取付作業を行って下さい。最長に伸ばした場合でもネジ部をヘッドユニットに4mm以上組み込んで下さい。取扱説明書等は付属しておりません。本商品のご使用時に発生したいかなる事故、損傷等におきまして弊社は一切の責任を負いかねます。ノーマル / 適合 車種及び調整サイズ(最短70mm?最長92mm)メーカー 車種型式トヨタ86ZN6ウィッシュZGE20WセルシオUCF30ハイエースKDH201VハリアーACU30/GSU30日産エクストレイルNT31ホンダステップワゴンRK1 (フロント用)マツダデミオDE5FSビアンテCC3FW三菱ランサーエボリューションXCZ4A (フロント用)スバルBRZZC6 (リア用)レガシィBR9 (フロント用)スズキスイフトスポーツZC32SダイハツムーヴカスタムLA100SL175SムーヴコンテカスタムL575SタントカスタムL375SタントエグゼカスタムL455S


N-BOX用 加速改善装置 マキシマムドライブ エキストラ プラス N-BOX用マキシマムドライブエキストラの装着で、N-BOXの加速が変わります。 アクセルと走りのギャップを感じられているオーナーさんは多いと思います。 例えるならアクセルを踏んで気持ちは前に行ってるのに、車が付いてこないという感じですよね。 N-BOXの加速が悪いのはCVTなのと車重があるから仕方がないかもしれません。 単純に「車両重量÷馬力」が小さいものほど加速が良い(速い)と言えます。 1馬力当たりの負担重量が小さいほど加速はいいわけです。 これを「パワーウエイトレシオ」と呼びます。 あなたもご存知のレーシングカー。 あのレーシングカーは、ものすごく軽く作られていて、馬力は大きいのです。 そう、レーシングカーはパワーウエイトレシオが小さくなるように設計されているのです。 それ故加速がものすごく早いわけです。 1978年、ホンダのレーシングマシーンRCBにヨシムラが スズキの市販車を改造して勝ったという番組を見たのですが、 とにかく軽量化する改造が印象的でした。 まさにこのパワーウエイトレシオを向上させる為の改造です。 それだけパワーウエイトレシオは、加速に大きく関わるわけです。 つまりN-BOXの加速を改善しようと考えた場合軽量化するか、 馬力を上げるかで可能だということが分かります。 しかし軽量化は合成の安全面の関係からしない方が賢い選択です。 せいぜい、あまり荷物は載せておかないように気を配ることです。 それならば馬力を上げるという選択はどうでしょう。 ボアアップやマフラーの変更など。。。 しかし、それにはお金がかかります。 そこで大掛かりな事をせず、 安価でできる方法が電気ノイズ除去装置マキシマムドライブをバッテリーに付けることで、 あのもやっとした、アクセルを踏んでいるのに加速しない走りが変わるのです。 ちなみにマキシマムドライブ装着で馬力が上がるという根拠は、 マキシマムドライブの初期型をアコードユーロRに付けて、 シャーシダイナモにて馬力がどれくらいアップするかを測定しています。【画像あり】 結果はなんと馬力が9.2馬力アップしていました。【画像あり】 そして、トルクは0.4kgmもアップしました。【画像あり】 こちらの数値は、初期の電気ノイズ除去装置でテストしたデータです。 バージョンアップした現行のマキシマムドライブの性能は、当時よりも上回っています。 その証拠として、一度「ミンカラ」でマキシマムドライブのレビューをご覧になってみてください。 色々な方のコメントが紹介されています。 今回、通常のマキシマムドライブ【大】と【小】の組み合わせを 【大】と【大】の組み合わせに変更したマキシマムドライブエキストラでご提供します。 さらに、エンジン油膜保護に貢献する【オイール】もお付けします。 PS N-BOX以外にもタントや非力な軽自動車やCVT車にお勧めします。 現状の走りに不満のある車のパワーウェイトレシオを小さくして、 もっと加速を良くすることを目的としています。 ぜひこの企画をご利用して、あなたの車を目覚めさせてください。 N-BOX用マキシマムドライブエキストラはN-BOXのカスタムで装着してテストしています。 出だしが軽くなっているのが分かります。 あと4人乗っても従来よりも軽く走ります。 今回エンジンオイルの油膜保護に貢献する 【オイール】250ccと【オイール2】250ccをプレゼントします。 マキシマムドライブエキストラはN-BOXのオーナーさまに強くお勧めします。 N-BOX用マキシマムドライブエキストラの装着で、N-BOXの加速が変わります。 アクセルと走りのギャップを感じられているオーナーさんは多いと思います。 例えるならアクセルを踏んで気持ちは前に行ってるのに、車が付いてこないという感じですよね。 N-BOXの加速が悪いのはCVTなのと車重があるから仕方がないかもしれません。 単純に「車両重量÷馬力」が小さいものほど加速が良い(速い)と言えます。 1馬力当たりの負担重量が小さいほど加速はいいわけです。 これを「パワーウエイトレシオ」と呼びます。 あなたもご存知のレーシングカー。 あのレーシングカーは、ものすごく軽く作られていて、馬力は大きいのです。 そう、レーシングカーはパワーウエイトレシオが小さくなるように設計されているのです。 それ故加速がものすごく早いわけです。 1978年、ホンダのレーシングマシーンRCBにヨシムラが スズキの市販車を改造して勝ったという番組を見たのですが、 とにかく軽量化する改造が印象的でした。 まさにこのパワーウエイトレシオを向上させる為の改造です。 それだけパワーウエイトレシオは、加速に大きく関わるわけです。 つまりN-BOXの加速を改善しようと考えた場合軽量化するか、 馬力を上げるかで可能だということが分かります。 しかし軽量化は合成の安全面の関係からしない方が賢い選択です。 せいぜい、あまり荷物は載せておかないように気を配ることです。 それならば馬力を上げるという選択はどうでしょう。 ボアアップやマフラーの変更など。。。 しかし、それにはお金がかかります。 そこで大掛かりな事をせず、 安価でできる方法が電気ノイズ除去装置マキシマムドライブをバッテリーに付けることで、 あのもやっとした、アクセルを踏んでいるのに加速しない走りが変わるのです。 ちなみにマキシマムドライブ装着で馬力が上がるという根拠は、 マキシマムドライブの初期型をアコードユーロRに付けて、 シャーシダイナモにて馬力がどれくらいアップするかを測定しています。【画像あり】 結果はなんと馬力が9.2馬力アップしていました。【画像あり】 そして、トルクは0.4kgmもアップしました。【画像あり】 こちらの数値は、初期の電気ノイズ除去装置でテストしたデータです。 バージョンアップした現行のマキシマムドライブの性能は、当時よりも上回っています。 その証拠として、一度「ミンカラ」でマキシマムドライブのレビューをご覧になってみてください。 色々な方のコメントが紹介されています。 今回、通常のマキシマムドライブ【大】と【小】の組み合わせを 【大】と【大】の組み合わせに変更したマキシマムドライブエキストラでご提供します。 さらに、エンジン油膜保護に貢献する【オイール】と【オイール2】もお付けします。 PS N-BOX以外にもタントや非力な軽自動車やCVT車にお勧めします。 現状の走りに不満のある車のパワーウェイトレシオを小さくして、 もっと加速を良くすることを目的としています。 ぜひ、あなたの車を目覚めさせてください。


ロードスター NA6CE エンジン型式:B6用 エンジントルクダンパー メーカー名:シルクロード|SILKROAD ・メーカーコード:4A0-N08 ・商品名:ロードスター NA6CE エンジン型式:B6用 エンジントルクダンパー オプションカラー:(16)ピンク ・車種:NA ロードスター ・ジャンル:エンジントルクダンパー ・キーワード:ロードスター NA ROADSTAR NA6CE NA8C NA8CE ユーノス、SILKROAD シルクロード、engine torque damper/エンジントルクダンパー、エアロパーツ チューニングパーツ アフターパーツ AERO ・商品説明:エンジンはパワー/トルクの増大、ハイグリップタイヤの装着などで加減速時に路面からの反トルクによって大きく揺らされています。エンジントルクダンパーは、エンジンマウントだけでは吸収しきれないエンジンの揺れを効果的に抑制し、シフトミスによるミッションやエンジンのトラブルを予防します。MT車 ・ABS無車適合 ■ダンパー本体カラー追加 ■エンジントルクダンパー本体のカラーを追加いたしました。標準カラー二色[クローム][ガンメタリック]と、オプションカラー16色。新開発樹脂ライナー製ロッドエンド採用により、高強度と静粛性を兼ね備えています。 【注意事項】シルクロード社エンジントルクダンパーに使用している従来のゴムリジット式、および現行品のスプリング式トルクダンパー構造は、シルクロード社のオリジナル開発品です。類似品などにご注意ください。 商品説明 【商品名】 ロードスター NA6CE エンジン型式:B6用 エンジントルクダンパー オプションカラー:(16)ピンク 【特記事項】 エンジンはパワー/トルクの増大、ハイグリップタイヤの装着などで加減速時に路面からの反トルクによって大きく揺らされています。エンジントルクダンパーは、エンジンマウントだけでは吸収しきれないエンジンの揺れを効果的に抑制し、シフトミスによるミッションやエンジンのトラブルを予防します。 MT車・ABS無車適合■ダンパー本体カラー追加■エンジントルクダンパー本体のカラーを追加いたしました。標準カラー二色[クローム][ガンメタリック]と、オプションカラー16色。新開発樹脂ライナー製ロッドエンド採用により、高強度と静粛性を兼ね備えています。 [注意] シルクロード社エンジントルクダンパーに使用している従来のゴムリジット式、および現行品のスプリング式トルクダンパー構造は、シルクロード社のオリジナル開発品です。類似品などにご注意ください。



Copyright ©GekiyasuDeTuhan.Com,Sole Proprietorship. all rights reserved.
webmaster@gekiyasudetuhan.com
2style.net