腎臓結石の再発防止のための方法!

腎臓結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石)の再発を防止する一般的な方法には、 水をたくさん飲む事や、食事制限などがありますが、 最も重要なのは、水をたくさん飲む事だと言われています。

ところで、水と言ってもいろいろな水があります。

私たちがよく飲む水は、水道水や天然水だと思いますが、 水道水の場合は、地域によりそれぞれの水質が違いますし、 天然水の場合は、採取地によりそれぞれの水質が違います。

例えば、硬度(硬水であるのか軟水であるのかどうか)や、 pH(酸性であるのかアルカリ性であるのか)、 含有物(どのような物質が含まれているのか)などの違いです。

このようにいろいろな水がありますが、本サイトではその中で、 腎臓結石の再発を防止するために最もふさわしいと思われる水を見つけましたので、 その水を紹介したいと思います。

このページのトップへ↑

  腎臓結石の再発防止のために最もふさわしいと思われる水!

腎臓結石の再発防止のために最もふさわしいと思われる水とは、 どんな水かといいますと、それは
蒸留水です。

蒸留水とは、水を沸騰させた時に出る湯気を冷やして、再び液体にしたものです。

蒸留水には不純物が一切含まれていないという特徴があります。

ですので、カルシウムやマグネシウムなどの無機ミネラルや、 塩素やトリハロメタンなどの有害物質も含まれていません。

また、蒸留水は水道水や天然水よりも、物を溶かす性質が強いという特徴もあります。

蒸留水のこれら2つの特徴により、 蒸留水が腎臓結石の再発防止のために最もふさわしい水であると考えられるのですが、 次に、その根拠についてお伝えしたいと思います。

まず蒸留水の1つ目の特徴である、「蒸留水には不純物が一切含まれていない」という点についてですが、 蒸留水には不純物が一切含まれていないので、腎臓結石の原因となる物質も含まれていません。

腎臓結石は、腎臓に蓄積された無機ミネラルが次第に大きくなって出来るそうです。

ですので、腎臓結石の再発防止のためには、 体の中に無機ミネラルを取り込まないようにすることが重要です。

無機ミネラルは、水道水や天然水の中に入っているのですが、 蒸留水の中には、一切入っていません。

次に、蒸留水の2つ目の特徴である、 「蒸留水は水道水や天然水よりも、物を溶かす作用が強い」という点についてですが、 蒸留水は、物を溶かす作用が強いので、 体の中に蓄積された無機ミネラルや酸の結晶、老廃物を溶かし排出する作用があります。

ですので、無機ミネラルが腎臓に蓄積されている場合は、 蒸留水を飲むと、腎臓に蓄積されている無機ミネラルを溶かし排出するそうです。

アレン・E・バニック博士によると、蒸留水を飲み続けると、 腎臓にできた結石が少しずつ小さくなり、やがて安全に排出されるそうなんです。

これらが、蒸留水が腎臓結石の再発防止のために最もふさわしい水であると考えられる根拠です。

ところで、蒸留水を飲むためには、蒸留水を用意しなくてはなりませんが、 蒸留水を用意するいい方法がありますので、 次にその方法についてお伝えしたいと思います。

このページのトップへ↑

  蒸留水を用意するいい方法!

蒸留水を用意するためには、次の方法があります。

1つ目は、自作で作る方法で、2つ目は蒸留水が入ったペットボトルを買う方法、 3つ目は、蒸留水器を使う方法です。

まず、自作で作る方法についてですが、 サイト主は、自作で蒸留水を作ったことがありますが、 この方法は手間も時間もかかりますので、おすすめできません。

次に、蒸留水が入ったペットボトルを買う方法についてなのですが、 蒸留水の商品は、2リットル入りで350円ほどします。

ですので、値段が高いです。

また、蒸留水のペットボトルは、 スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは売っているところはほとんどないと思いますので、 買うとしたら通販で買うことになると思いますが、その場合は手間がかかりますし、 商品の到着までの時間もかかりますし、ペットボトルのゴミが増えますので、 それを捨てる手間もかかります。

ですので、蒸留水が入ったペットボトルを買う方法もおすすめできません。

次に、蒸留水器を使う方法についてですが、 蒸留水器とは、水道水などを蒸留水に変える電化製品です。

家庭用の蒸留水器がありますので、 それを使うと、家庭で蒸留水を作ることが出来ます。

ところで、蒸留水器で蒸留水をつくる場合は電気代がかかりますが、 電気代は4リットルの蒸留水を作るのに70円ほどです。

この値段は、蒸留水が入ったペットボトルを買う場合と比較すると、 だいたい1/10の値段になりますので、かなり安いです。

しかし、蒸留水器を使う場合は最初に蒸留水器を用意しなくてはなりませんが、 蒸留水器を購入する場合は、値段が安いものでも30、000円ほどします。

ですので、最初にお金がかかりますが、蒸留水器を長期的に使う場合で比較すると、 蒸留水が入ったペットボトルを買う場合よりも、安く蒸留水を作ることが出来ます。

腎臓結石の再発防止のためには、蒸留水を長期的に飲む必要がありますので、 腎臓結石の再発防止のために蒸留水を用意する場合は、 ペットボトルを買う場合よりも蒸留水器を使う方が、費用が安く済むのでおすすめです。

ペットボトルを買う場合と蒸留水器を使う場合を図にして比較したのが下の図です。

蒸留水が入った
ペットボトルを買う場合
蒸留水器を使う場合
初期費用 0円 30,000円ほど
4リットルの蒸留水を
用意するのにかかる費用
700円ほど 70円ほど
1ヶ月あたりの費用
(1日2リットル)
10,500円ほど 1,050円ほど
半年間の費用
(1日2リットル)
63,000円ほど 30,000円+6,300円
=36,300円ほど
1年間の費用
(1日2リットル)
105,000円ほど 30,000円+12,600円
=42,600円ほど
3年間の費用
(1日2リットル)
315,000円ほど 30,000円+37,800円
67,800円ほど

この図から、蒸留水を使う期間が長ければ長いほど、 ペットボトルを買う場合よりも蒸留水器を使う方が費用がお得になる事がわかります。

ここまでで、蒸留水を用意する場合は費用の面で比較すると、 ペットボトルを買う場合よりも蒸留水器を使う方いい事がわかりました。

ところで、蒸留水器を買う場合は、安い製品を選びたいと考えている方が多いと思いますが、 蒸留水器を買う場合には、値段の他にも気をつけなくてはならない点がありますので、 次に、蒸留水器の中でも、どれを選んだら良いかについてお伝えしたいと思います。

このページのトップへ↑

  蒸留水器の選び方!

蒸留水器を買う場合は、安い製品を選びたいと考えている方が多いと思いますので、 まず、安い蒸留水器を紹介したいと思います。

それは、台湾メガホーム社製(MH943シリーズ)の蒸留水器です。

下のものは、台湾メガホーム社製(MH943シリーズ)の蒸留水器です。


通販で販売している蒸留水器のほとんどが、台湾メガホーム社製(MH943シリーズ)のものか、 ディディミの蒸留水器になります。

下のものは、ディディミの蒸留水器です。


この両者は、一度に生成することができる蒸留水の量や、蒸留水の生成時間、 電気代については、ほぼ同じくらいですが、大きく違う点があります。

それは、商品の値段です。

台湾メガホーム社製(MH943シリーズ)のものは、値段が30,000円ほどですが、 ディディミの蒸留水器は、70,000万円以上します。

両者の製品は、値段以外は同じような点が多いので、蒸留水器を買う場合は、 値段の安い分、台湾メガホーム社製(MH943シリーズ)の蒸留水器がおすすめです。

次に、台湾メガホーム社製(MH943シリーズ)の蒸留水器の中でも、 どの製品を選んだらいいのかについてお伝えしたいと思います。

まず、蒸留水器を選ぶ場合のポイントの1つ目は、 電源コードのタイプです。

台湾メガホーム社製(MH943シリーズ)の蒸留水器の電源コードには、 ソケット式とマグネット式がありますが、 そのうちでどっちのタイプを選んだりいいのかについてですが、 両者の電源コードのうち、マグネット式のものは、蒸留水器本体と電源コードが外れやすくなっています。

マグネット式の場合は、もしも蒸留水器の電源コードに足を引っ掛けた場合は、 蒸留水器と電源コードが簡単に外れるようになっていますので、 蒸留水器を倒す心配がありません。

蒸留水器を使用中は、蒸留水器の貯水槽内の水は、沸騰しています。

また、貯水槽の容量は最大で4リットルです。

もしも、使用中の蒸留水器が倒れることがあれば、 蒸留水器内の熱湯が出てくることが考えられるので、大変に危険だと思います。

また、幼児や子供がいる家庭では、より危険だと思います。

ですので、蒸留水器の使用中は、 蒸留水器が倒れて熱湯が出てくることがないように、十分に注意しなくてはなりません。

そのために、蒸留水器の電源コードは、 安全なマグネット式を選んだほうが断然いいと思います。

次に、蒸留水器を選ぶ場合のポイントの2つ目は、 蒸留水器外部の材質です。

台湾メガホーム社製(MH943シリーズ)の蒸留水器の外部の材質は、 ステンレス製とスチール製があります。

このうち、ステンレス製は錆びづらいです。

蒸留水器を使う場合は、まず貯水槽内に水を入れますが、 この作業中に蒸留水器の外部に水が付く場合が考えられますし、 手に水が付いている状態で、手で蒸留水器に触れる場合も考えられますので、 蒸留水器の外部に水が付きやすいです。

ですので、蒸留水器の外部は、錆びづらい材質の方がいいと考えられますので、 蒸留水器外部の材質は、ステンレス製がいいと思います。

蒸留水器を選ぶ場合のポイントもまとめると、 1つ目は電源コードはマグネット式を選んだほうが良く、 2つ目は蒸留水器外部の材質はステンレス製を選んだほうが良いです。

ですので、蒸留水器を買う場合は、この2点に注意して選んだらいいと思います。

次に、台湾メガホーム社製(MH943シリーズ)の蒸留水器の中で、 電源コードはマグネット式で、蒸留水器外部の材質はステンレス製の商品がありますので、 それを紹介したいと思います。

それは、こちらのサイトで販売されています。


こちらのサイトで販売されている商品の商品名は、「メガキャット」といいます。

メガキャットには、色が白タイプと黒タイプがありますので、好きな方を選ぶことができます。

また、メガキャットには、水受け用の容器が付いていますが、 ガラス製とプラスチック製のものがあります。

ガラス製は、プラスチック製のものより3,000円高いですが、 好きな方を選ぶことが出来ます。

また、先ほどのサイトから蒸留水器を買う場合は、 送料は無料になりますし、代金引換でお支払いをする場合は、代引き手数料も無料になります。

また、1年間の無料保証も付いています。

次に、蒸留水の使用方法についてお伝えしたいと思います。

このページのトップへ↑

  蒸留水の使用方法!

ある実例では、腎臓結石の患者が蒸留水を飲み始めて、 一年後の検査で、腎臓結石が見事に無くなったそうです。

ですので、一度腎臓結石の治療を終えた後は、小さな腎臓結石が残っている場合があるかもしれないので、 完全に腎臓結石を無くすために、一年間は蒸留水を飲み続けたほうが良いと思います。

また、1日に飲む蒸留水の量についてですが、 腎臓結石の再発防止のためには、 一般的に水を1日に1.5リットルから2リットル飲んだらいいと言われていますので、 蒸留水を1日に、1.5リットルから2リットル飲んだらいいと思います。

また、出来れば、全ての食事にも蒸留水を使った方が良いと思います。

また、蒸留水を飲み続けて、腎臓結石が無くなった後は、 その後も再発防止のために定期的に蒸留水を使うようにした方が良いと思います。

このページのトップへ↑

  腎臓結石の再発防止のためのその他の注意点!

硬水が腎臓結石の原因の場合がありますので、 硬水や、硬水で作ったアルコール類などのような硬度の高い飲み物は、飲まないように注意した方が良いと思います。

水道水に関しては、硬水の場合がありますので、注意が必要です。

また、天然水の中に硬水のものがあります。

天然水の「evian」は有名ですが、硬水です。

硬水の天然水は飲まない方がいいと思います。

このページのトップへ↑

  蒸留水の安全性!

日本では蒸留水に対して否定的な意見が多いですが、 サイト主が蒸留水について1ヶ月以上調べたところ、 蒸留水は、飲んでも問題ないと判断しています。

それどころか、蒸留水はとても体にいい水であると思っていますので、 国民すべてが蒸留水を飲むようにしたらいいと思っています。

蒸留水は、腎臓結石の再発防止だけではなく、胆石、関節炎、動脈硬化、高血圧、肥満症、 白内障、緑内障、網膜剥離、便秘などにも良いそうです。

また、蒸留水は、欧米ではお店に売られているそうですし、 よく飲まれているそうです。

また、蒸留水は、夜露、朝露とほとんど水質が同じです。

昆虫や動物が飲む朝露が、人間に良くないとは思いません。

サイト主は、安心して蒸留水を飲んで問題ないと思っています。

ところで、犬や猫が水をたくさん飲むと、犬や猫の腎臓結石を予防するそうなので、 犬や猫を飼っている方は、犬や猫にも蒸留水を飲ませたらいいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップへ↑


更新履歴
2014/10/24 一部修正、記事追加。
2014/10/9 サイトをインターネットにアップロード。
Copyright (C) 2014 腎臓結石の再発防止のための根本的・画期的方法!, All rights reserved.
2style.net